バストアップに欠かせない食事はこれ!貧乳さん必見です

丸みとハリのあるバストは、女性の憧れ(^^♪ デコルテが開いた服やニット・タイトなシャツをきれいに着こなすためにも、トップの上がったバストラインの綺麗なバストを手に入れたいと願う女性は多いはずです。そんな綺麗なバストを手るための食事は、ハーブなどのスパイスやエストロゲン分泌を促す大豆イソフラボンがオススメです。食事は健康な身体を作る基本、健康な体だからことバストアップできるんです。
そこで今回は、バストアップに欠かせないオススメの食事をご紹介致します。
バストアップに欠かせない食事はこれ!貧乳さん必見です

食事でバストアップ

女性の胸は乳腺と脂肪から構成されています。その脂肪はバストの4割から6割をしており、そのため、無理なダイエットをして脂肪を落とすと胸の脂肪から落ちてしまうこともあります。それなら脂肪を増やせばバストアップに繋がると思いがちですが、必ず胸についてくれるわけではありません。お腹や太ももにしいたりしてしまうんですよね(^^;

胸の脂肪は乳腺を包むようについています。乳腺が発達していると、そのぶん脂肪もつきやすくなります。ちなみにですが、生理前に胸が張ったりしますが、あれは生理前のホルモンバランスの変化で乳腺が張るからなんですよ。

食事内容を変えるだけで胸が大きくなれば良いですが、実際は難しいです(^^; というのも、バストアップに良いと言われる食材だけで胸を大きくするためには、毎日たくさんの量を摂る必要があり現実的ではないからです。また、胸の形をキレイに保つためには胸を支える大胸筋なども必要で、食事と合わせて運動も取り入れる必要があります。

 

イソフラボン

イソフラボンを多く含んだ納豆

イソフラボンは一番に摂りたい食材です。この大豆は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含むことで有名で、そのほかにも美容や健康に良いので、意識的に取り入れている人も多いと思います。イソフラボンは乳腺を発達させるエストロゲンと構造が似ているのでバストアップには期待ができる成分なんです。

しかし、イソフラボンの1日の摂取量の目安は、70~75㎎ですが、これを超えたからといって、直ちに健康を害するというものではありません。国民栄養調査(平成14年)によると、平均的な日本人のイソフラボンの摂取量は1日あたり、 厚生労働省で16~22㎎、農林水産省の発表で18㎎と、まだまだ足りていないようです。豆乳なら200ml、豆腐なら300g、納豆は50g(四角のパック)になります。

ボロン(ホウ素)

ボロン(ホウ素)

ボロン(Boron)とは私達の身体に欠かせないミネラルの一つで、骨の形成にも効果的なミネラルとして知られています。バストアップに良いとされるのはボロンがエストロゲンの分泌を活性化するとされるからです。このボロンはプエラリアよりもバストアップ効果が高いともいわれていて、ボロンを摂取するとバストを保護するために乳腺に脂肪が付き、バストアップするということです。

ボロンを含む身近な食材にはキャベツやリンゴ・ブドウ・梨・大豆・ワカメやひじきなどがあります。ただし、ボロンは熱に弱いミネラルなので、生で食べる必要があります。酸化にも弱いため、食材はなるべく新鮮な内に食べた方が効果的です。ちなみにキャベツだけで必要なボロンを取ろうとすると、およそ1玉生で食べなければいけません。これはちょっと無理があります。ボロンをメインにしたサプリメントも発売されているので効率的に摂取することができます。

イソフラボンやボロンの他にも、血液や皮膚、筋肉の主要成分である「タンパク質」もバストアップには欠かせません。このタンパク質は鶏肉・牛肉・豚肉・サバ・鶏卵・納豆などの多く含まれています。

また、バストが貧乳の方は女性ホルモンのバランスが崩れていたり、不足していることがあるそうです。そういう場合は、「ピル」が効くこともあるようです。ピルというと避妊薬というイメージがありますが、実は女性ホルモンの乱れを整える効果があり、生理に関する不調緩和などにも処方されています。というのも。このピルには、エストロゲン、プロゲステロンの2種類の女性ホルモンが入っていて、ホルモン治療に使われているからなんです。そのほかにも美肌にも効果があります。実際に、ピルが劇的に効いた貧乳の方もおられるそうです。

 

バストアップに効果があるツボを知りたい方はこちら

 

 

バストアップしたい方必見!体操・食事・ツボを詳しくご紹介

バストの悩みを持っている方って意外に多いんですよ、たとえば、「バストが垂れてきた」・「バストが小さくてコンプレックス」などなど。でも諦めずに日々努力しているとバストアップができたりするんですよ。バストアップするには、食事であったり、エクササイズ・マッサージ・ツボ・サプリメントなどいろんな方法があります。どの方法を選ぶからは自分に合った方法を選ぶことです。無理なく長く続けることが大事だからです。
そこで、今回はバストアップに効果を発揮する体操食事・マッサージ・ツボをご紹介致します。
バストアップしたい方必見!体操・食事・ツボを詳しくご紹介

エクササイズはバストアップに有効!?

バストの4割から6割は脂肪ですが、脂肪の奥に「大胸筋」や「小胸筋」といった筋肉があります。これらの筋肉をエクササイズによって鍛えたり、伸縮性を保ってあげることで、バストのベースができて、天然のブラジャーが作られるため、バストアップが期待できます。ただし、有酸素運動には注意が必要です。有酸素運動は脂肪を燃やしてくれるのですが、バストの脂肪まで一緒に燃やしてしまう恐れがあるんです。

エクササイズで簡単にバストアップできる方法をご紹介致します。

肩甲骨をゆるめてバストを押し出す方法です。
肩甲骨をゆるめてバストを押し出す

バストを埋もれさせている肩甲骨をゆるめて開かせます。脚を伸ばしたまま片手を真後ろに着きます。指先は外側に向けます。体をひねりながら胸を沈めます。この時、お尻は浮かさず付けたままです。これを1日左右3回行います。

背中からバストを吊り上げる方法です。
背中からバストを吊り上げる

両手をついてお尻は高く保ちます。胸をそらせると肋骨の筋肉が鍛えられて、胸が垂れるのを防ぐことができます。これを1回20秒キープします。

あと、メリハリボディを作るには骨盤の歪みの矯正も欠かせません。骨盤の歪みを矯正することで血行が促進され、リンパの流れが良くなります。さらに!新陳代謝がよくなり、脂肪を燃焼しやすいボディへと導いてくれます。そこで骨盤から肩甲骨を矯正するエクササイズもご紹介を致します。
骨盤から肩甲骨を矯正するエクササイズ

お尻をかかとに乗せて身体を反らします。揺らすと肩甲骨が寄って姿勢を矯正することができます。1セット20回しましょう。

これらの3つの簡単エクササイズが美乳を作り出してくれます。
こちらが2週間実施したBefore/Afterです。

2週間実施したBefore/After

 

バストアップのための食事

バストアップのための食事(大豆イソフラボン)

1番のオススメはなんといっても「大豆」です。大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、乳腺細胞を増やすイソフラボンが多く含まれているからです。しかも!副作用の心配もなく安全です。スーパーやコンビニでも豆乳や納豆が売られていますので手軽に安価に始めることができます。

また、キャベツ・りんご・ぶどう・海藻類に含まれている成分「ボロン」もオススメです。このボロンには、エストロゲンの分泌を促進する効果があります。プエラリアよりもバストアップ効果が高いともいわれていて、ボロンを摂取するとバストを保護するために乳腺に脂肪が付くので、バストアップが期待できます。

タンパク質も筋肉や血、骨をつくり、女性ホルモンの分泌を促してくれるのでバストアップ効果が期待できます。マグロの刺身・紅鮭・鶏肉・牛肉・豚肉がオススメです。

バストアップは一日ではなりません。継続して毎日続けることが大事なのでぜひ諦めずに頑張りましょう♪

 

バストアップのためのツボ・マッサージ

バストアップのためのツボ・マッサージ

1.壇中(だんちゅう)
左胸と右胸の真ん中にあるツボです。高さは乳首とだいたい同じラインに位置しています。

2.神封(しんぽう)
左右それぞれ胸の谷間から少し乳首側にあります。高さは、だん中より少し下で、真ん中の谷間から指をすべらせて、へこんだ辺りです。

3.乳根(にゅうこん)
左右それぞれの乳頭の少し下にあります。だいたい指2本分ぐらい下という感じです。第5助骨、第6助骨の間にあたります。

4.天溪(てんけい)
左右それぞれの乳首から、横(外側)へ高さが同じぐらいのライン上で、乳房の脇に部分にあるツボです。

5.渕腋(えんえき)
わきの下から少し前へ出たあたりで、乳首からは、10cmほど横のあたりにあります。第3助骨と第4助骨の間あたりです。

6.屋翳(おくえい)
乳首から真上に10cmぐらいのところで、乳房がふくらみ始めるあたりにあります。

7.膺窓(ようそう)
屋翳(おくえい)のツボのさらに上あたりにあり、乳首とい鎖骨の中間あたりにあるツボです。第3助骨と第4助骨の間あたりです。

8.中府(ちゅうふ)
胸から少し離れた場所で、鎖骨の外側の下にあるくぼみから、だいたい指1本分下の位置にあるツボです。少しへこんでいるあたりになります。

 

バストアップ成分「ボロン」のオススメサプリ「ボンボンボロン(BomBomBoron)」の購入はこちら