バストアップにもっとも効果的なツボを3つ解説いたします!

バストアップに欠かせない乳腺の発達に必要な女性ホルモン(エストロゲン)は、リンパ節や血管を通って運ばれます。そのため、バストアップには血流の促進と、女性ホルモンの分泌が欠かせません。私たちの身体には約360個のツボが点在しますが、バスト周辺には女性ホルモンを活性化すると言われているツボも存在します。ですので、それらのツボを刺激することで、エストロゲンの分泌を促し、血流にのせて効率的に循環させるというメカニズムをより活性化させることができます。
そこで今回は、血行促進と女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すバストアップのためのツボをご紹介致します。
バストアップにもっとも効果的なツボを3つ解説いたします!

バストアップのツボ

バストアップのツボ

多くの女性の間で一般的にバストアップ法として知られているのは、バランスのよい食事、大胸筋を鍛える、バストアップマッサージなどです。テレビなどでも特集が組まれるほどで、「バストアップの神」と言われている神長アイリーンさんなんが有名です。M-STYLEというエステサロンを恵比寿にかまえ、有名芸能人やモデルなど多くのファンがおられます。そんな、バストアップマッサージは、バスト全体の血行を促してリンパの流れの正常化にも働きかけるため、多くの女性が取り入れています。今回ご紹介するツボ押しもマッサージではありませんが、ツボを刺激することでリンパの流れを良くしたり、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す働きがあります。また、胸のカタチを保ちながら、ハリもアップさせてくれるツボもありますのでぜひ参考にしてみてください。

1.壇中(だんちゅう)
左右の乳頭の中間点にあるツボです。脂肪が少ないため少々痛いと感じる方もいるかもしれませんが、女性ホルモンの分泌を活性化し、バストアップのほか、ストレス緩和や美肌、生理痛を軽減する効果も期待できます。女性の身体にとって、様々な嬉しい作用をもたらしてくれるツボです。

ツボを押すときは、息を吐きながらゆっくり5秒間押して、次に息を深く吸いながらゆっくり指を離します。これを5回繰り返しおこないます。

2.神封(しんぽう)
左右それぞれ胸の谷間から少し乳首側にあります。高さは、だん中より少し下で、真ん中の谷間から指をすべらせて、へこんだ辺りです。神封は、乳腺の集まっているところにあるツボで、バストアップのツボとして有名です。親指でグイグイと刺激するだけで、女性ホルモンが活発になります。しかも!ただ大きくするだけではなく、胸のカタチを保ちながら、ハリもアップさせてくれます。

3.乳根(にゅうこん)
左右それぞれの乳頭の少し下にあります。だいたい指2本分ぐらい下という感じです。第5助骨、第6助骨の間にあたります。ゆっくり息を吐きながら左右同時に指の腹で圧をかけ、深く吸いながらゆっくり圧を緩め指を離す。これを5回繰り返しおこないます。乳根は女性ホルモンの分泌を促し、リンパの流れを活性化させます。また、バストに栄養を行き渡らせる効果も期待できます。さらに!母乳の出を促進させる効果もあり、授乳中の母乳の量にお悩みの方にもオススメのツボです。

 

バストアップに効果がある体操はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*